台風25号(2018)の最新情報と進路予想は?近畿に上陸は?交通機関情報について!

先日に甚大な被害をもたらした台風21号。

そして、今週末にも日本列島を縦断する

可能性のある、台風25号の発生して

いるということで、

台風25号の最新情報と進路予想についてや、

近畿地方に上陸する可能性、交通情報について

気になりましたので、調べてみます!!

目次

  1. 台風25号の最新情報について(23時更新)
  2. 台風25号の進路予想について
  3. 台風25号の近畿地方上陸は?
  4. 台風25号の交通情報について

1.台風25号の最新情報について

台風25号の最新情報です。(10月5日23時の情報)

☆最新情報☆

出典:https://tenki.jp

台風25号の最新情報についてです。(10月5日現在)

出典:https://www.jma.go.jp

大きさ 大型
強さ 強い
存在地域 久米島の北北西約240km
中心位置 北緯 28度20分(28.3度)
東経 126度00分(126.0度)
進行方向、速さ 北 20km/h(11kt)
中心気圧 965hPa
中心付近の最大風速 35m/s(65kt)
最大瞬間風速 50m/s(95kt)
25m/s以上の暴風域 全域 190km(100NM)
15m/s以上の強風域 全域 560km(300NM)

5日11時時点での情報です。

引用:https://www.jma.go.jp

[台風の現況と予想]
大型で強い台風第25号は、5日10時には久米島の北北西約230キロにあって、1時間におよそ25キロの速さで北へ進んでいます。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。
台風は5日は東シナ海を北上し、6日にはチェジュ島付近で北東に進路を変えて強い勢力のまま九州北部地方に接近し、その後やや勢力を弱めて日本海に達するでしょう。7日には暴風域を伴って北日本に進むおそれがあります。
また、西日本には前線があって、ゆっくり北上しています。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、西日本の南東斜面を中心に雨が強まっています。前線は6日にかけて西日本から北日本を北上する見込みです。
[防災事項]
<暴風・高波>
沖縄地方は台風の暴風域からは抜けましたが、九州南部や沖縄・奄美では非常に強い風が吹いて大しけとなっています。台風の北上に伴い、5日夜のはじめ頃には九州北部地方でも非常に強い風が吹いて大しけとなり、夜遅くには猛烈にしけるところがあるでしょう。6日には、中国地方でも非常に強い風が吹いて大しけとなり、九州北部地方では猛烈な風や猛烈なしけとなるところがある見込みです。
6日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は
九州北部地方          30メートル(45メートル)
中国地方            25メートル(35メートル)
沖縄地方、奄美地方、九州南部、近畿地方、四国地方
23メートル(35メートル)
北陸地方            20メートル(30メートル)
6日までに予想される波の高さは
九州北部地方          9メートル
沖縄地方、奄美地方、九州南部  8メートル
中国地方            7メートル
四国地方            5メートル
です。

暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒してください。
7日は北日本や北陸地方でも暴風や高波に警戒してください。

<大雨・雷・突風>
沖縄地方ではこれまでの大雨で地盤の緩んでいるところがあります。
5日から6日にかけては、九州南部や九州北部地方、四国地方では、前線の南側の暖かく湿った空気が流れ込むため大気の状態が非常に不安定となり、局地的に非常に激しい雨が降る見込みです。6日から7日にかけては、前線の影響と台風本体の雨雲の接近で北日本では雨が降り、大雨となるおそれがあります。

6日12時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
四国地方               250ミリ
九州南部、九州北部地方        200ミリ
その後、7日12時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
北海道地方、東北地方    100から150ミリ
四国地方、北陸地方      50から100ミリ
です。

土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。
また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

<高潮>
台風の接近に伴い、西日本では6日にかけて海岸や河口付近の低地での高潮に対する注意が必要です。

5日11時時点での情報です。

引用:https://www.jma.go.jp

情報を随時更新していきます!(10月5日11時)

スポンサーリンク

2.台風25号の進路予想について

台風25号の進路予想についてです!

出典:https://tenki.jp

2018年10月5日10時30分発表 大型で強い台風第25号は、5日9時現在、久米島の北北西約210kmにあって、北へ毎時25kmで進んでいます。中心気圧は965hPa、中心付近の最大風速は35m/sです。この台風は、6日9時には朝鮮半島に、7日9時には函館市の西北西約50kmに、また、8日9時には日本のはるか東に達して、温帯低気圧に変わる見込みです。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。

引用:https://tenki.jp

情報を随時更新していきます!(10月5日11時)

3.台風25号の近畿地方上陸は?

台風25号の近畿地方上陸についてです!

出典:https://tenki.jp

近畿地方では、秋雨前線や台風25号の影響で、きょうから日曜日にかけて雨が降りやすいでしょう。特に、週末は台風25号の暴風域に入り、大荒れの天気になる恐れもあるため、今後の情報に注意が必要です。

引用:https://tenki.jp

10月5日11時時点の情報です。

今回は以前の21号みたいにもろに関西に

直撃することはなさそうな現時点での

情報ですが、何が起こるかわかりませんので、

備えや対策の準備は必要ですね!!

スポンサーリンク

4.台風25号の交通情報について

台風25号の交通情報についてです!

ANA https://www.ana.co.jp

(10月5日12時15分現在)

台風25号による運航への影響について

台風25号により、以下の空港を発着する便に運航への影響が懸念されます。
ご都合のつくお客様はお早めに旅程の変更をお勧めいたします。

<10月5日>

  • 対馬・宮崎・鹿児島・沖縄那覇宮古石垣

*沖縄那覇空港での手荷物受託は出発時刻 2時間前から承ります。

<10月6日>

  • 鳥取・米子・萩 石見・岡山・広島・岩国・山口宇部・福岡・佐賀・大分・熊本・長崎・対馬五島福江・宮崎・鹿児島

*対馬・五島福江空港を発着する便は、終日欠航が決定しています。

<10月7日>
稚内・旭川・オホーツク紋別・女満別・釧路・根室中標津・札幌千歳・函館・青森・大館能代・秋田・庄内・新潟・仙台・福島・能登・富山・小松

各便の状況につきましては、「発着案内」をご確認ください。

引用:https://www.ana.co.jp

JAL http://www.jal.co.jp

(10月5日12時15分現在)

10月5日の悪天候に伴う遅延、欠航、条件付運航(出発空港への引き返し、他空港への着陸)の可能性がある空港は、以下のとおりです。

北海道 対象となる空港はありません。
東北・北陸 対象となる空港はありません。
関東・東海・近畿 対象となる空港はありません。
中国・四国 高松(視界不良)
九州・沖縄 種子島・屋久島・喜界島・奄美大島・徳之島・沖永良部・与論・沖縄那覇・久米島(台風25号)
宮崎(強風)
※台風25号の影響については、下記トピックスをご確認ください。

ご利用のお客さまは、ご出発前に最新の運航状況を上記の発着情報検索にてご確認ください。

引用:http://www.jal.co.jp

また情報を随時更新していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする