溝口和洋(やり投)の現在や年収は?経歴や当時の成績、嫁(妻)は?(消えた天才)

11月18日(日)に放送されます、

「消えた天才」に室伏広治さんが

唯一憧れた人が紹介されます。

その人はやり投でアジア人初の世界一に

輝いたこともある、「溝口和洋」さん

出演します。

消えた天才の番組では現在の暮らしや、

当時の衝撃エピソードなどお話しされていると

思いますので、気になったことを調べていきます!!

皆さんも一緒に確認していきましょう!!

スポンサーリンク

溝口和洋さんの現在は?

溝口和洋さんの現在について!

溝口和洋さんは地元和歌山に戻り、

実家の農業を継ぎ、「トルコキキョウ」という

花を育てているとのことです。

以前は現役引退後にパチスロで生計を立てながら、

中京大学の学生の指導も行っていたとのこと。

後でも書きますが、溝口和洋さんは誰よりも練習をする人であり、

メインはウエイトトレーニング。全日本レベルの3倍もの

練習をしていたとのこと。

12時間練習しては、2、3時間空けてまた12時間練習など

平気で行っていたとのことです!

これぞまさしく超人ですね(笑)

そんな溝口和洋さんの年収について

調べてみました!

溝口和洋さんの年収は?

溝口和洋さんの年収について!

出典:https://www.google.co.jp

農業をやられている方の平均年収は約450万前後

とのことでした!(平成26年データ)

もちろん何をやられているか?や規模などに

よって年収の前後はあるかと思います!

溝口和洋さんの具体的な年収は書いていなかったの

ですが、おそらく平均くらいかなと推測します。

また、以前やられていたパチプロの平均年収は

約450万~650万とのことです!!

中には5000万くらい稼ぐ人もいるみたいですが、

ピンキリですね~!ギャンブルですし、良いとき悪いときの

差が激しいかもしれないですね。。

スポンサーリンク

溝口和洋さんの経歴について!

溝口和洋さんの経歴について!

出典:https://www.google.co.jp

生年月日:1962年5月4日生まれ

年齢:56歳

出身:和歌山県西牟婁郡白浜町

身長:180㎝

体重:88㌔

種目:やり投

高校からやり投を始めた溝口和洋さんは

3年生の時にインターハイや国体に出れる選手

へと成長される。

京都産業大学に進学し、4年生の時に

ロサンゼルスオリンピックに出場。

その後はスポーツウエアなどの会社

「ゴールドウイン」に入社。

数々の世界大会などにも出場し、素晴らしい

活躍をしております。

36歳で現役を引退。

先ほどもお伝えしました、誰よりも練習を

することで、世界と戦える力がついて、

活躍ができるということを証明してくれたと思いますね!

30代後半まで競技を続け、あの室伏さんをボランティアで

指導していたとのことですから、室伏さんがあそこまで

世界で活躍できたのも、溝口和洋さんのおかげかもしれませね!

溝口和洋さんの当時の成績は?

溝口和洋さんの当時の成績について!

輝かしい成績をお伝え致します!

高校時:インターハイ 59m68 6位

国体 60m72 2位

1984年:ロサンゼルスオリンピック

74m82 20位

1986年:アジア競技大会

76m60 1位

1988年:ソウルオリンピック

77m46 19位

1989年:サンノゼ国際グランプリ

87m60 1位 (自己ベスト)

その時の記録は87m68で当時の世界記録を

2センチ上回る成績だったが、再測定ののちに、

87m60となっている。

残念ですね。。。

ちなみに87m60の記録はいまだに

破られていない日本記録でございます!!

溝口和洋さんの嫁(妻)は?

溝口和洋さんの嫁(妻)について!

出典:https://www.google.co.jp

溝口和洋さんは現役引退後にボランティアで

室伏さんとやり投の三宅貴子さんを指導して

いたとのこと。

その三宅貴子さんとご結婚されているそうです!!

教え子ですか!(笑)いいですね~!(笑)

同じやり投の選手でしたし、何かと合うのでしょうね!

現在はご一緒に和歌山で暮らしているそうですので、

消えた天才を観て現在の生活など詳しく知りたいですね!

スポンサーリンク

最後に

溝口和洋さんのことについて調べてみますと、

高校からやり投を始め、メキメキと頭角を現し

数多くの世界大会で活躍されております。

今現在も破られていない日本記録を持っており、

やり投の伝説の選手である。

ということがわかりました!

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする