真木将樹(元プロ野球選手)の高校、大学は?当時の成績や年俸、現在について!(消えた天才)

こんにちは!RTNKです⚾

プロの世界は厳しく、活躍が期待されながらも

結果が出なかった人。

もしくはプロに入ってから成長し、長く

プロ選手として活躍する人。

どのスポーツにもある話ですよね~!

今回は野球で期待され、ドラフト1位入団

するも、プロの壁にぶつかり、戦力外となってしまった

「真木将樹」さん「消えた天才」の番組に

出演されますので、スポットを当てたいと思います!!

野球好きには懐かしいことなど

調べていきますので、

一緒にご覧ください!!

スポンサーリンク

真木将樹さんのプロフィールご紹介

出典:https://www.google.co.jp

名前:真木将樹

生年月日:1976年2月13日生まれ

年齢:42歳

出身:福岡県北九州市小倉北区

身長:180㎝

体重:75㌔(現役当時?)

投打:左投げ左打ち

ポジション:投手(ピッチャー)

真木将樹さんの高校は?

真木将樹さんの高校について調べて

みますと、

出典:https://www.google.co.jp

高校野球部のユニフォームです!(真木さんのではありません)

福岡県にある東筑紫学園高等学校でした!

東筑紫学園は福岡でも野球の名門校で、

真木将樹さんがいらっしゃった高校3年の春

(平成5年)には甲子園ベスト8に輝いています!

ちなみにこの時の選抜大会では大阪の上宮高校が初優勝して

おりますね!

あと調べてなんてひどいことをするやつがいるもんだ!

という記事がありました!

選抜大会の出場の決定は高野連からの電話で

出場が決まる仕組みになっており、選考会が

開かれたあとに電話することになっていた。

その時間を知っていたのか定かではないが、

通知の40分前くらいに「高野連のサトウ」と

いう名を名乗って、選考に選ばれている高校に

電話をかけ、当落を伝えていた偽電話事件がありました。

実際に選抜出場ならなかったチームに電話をかけ、

出場決定の電話をし、選手達は歓喜したが、

直後正式な高野連から補欠高校に選ばれた

(選考漏れ)と連絡が入り大混乱。。。

偽電話だということがわかった事件です。

選手達が本当にかわいそうだ。

真木将樹さんは選抜でのベスト8の成績が

評価され、大学でも野球をすることになりました!

真木将樹さんの大学は?

次に真木将樹さんの大学についてです!

大学は東京六大学連盟に加入している、

法政大学へと進学されました!!

法政大学は六大学リーグ戦45回も

優勝している名門大学であり、

全日本大学野球選手権でも最多8回の優勝

明治神宮野球大会でも3回の優勝をしております!

真木将樹さんもこの優勝記録には大きく貢献されて

おり、通算25勝をあげております!!

凄いですね~!!

この25勝よりも多く勝っている投手もいて、

有名な選手で言えば、現広島の野村祐輔投手(30勝)

ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手は(31勝)

元巨人で活躍されました、江川卓投手は(47勝)

しておりました!!

真木将樹さんの同世代で有名な選手は、

明治大学:川上憲伸投手(中日ドラフト1位)

慶応義塾大学:高橋由伸選手(巨人ドラフト1位)

が同期入団で、東京六大学野球を盛り上げた選手ですね!

大学でも活躍された真木将樹さんは1993年の

ドラフト会議で近鉄バッファローズから1位指名

受けております!!

プロでの活躍を次に調べていきましょう!

スポンサーリンク

真木将樹さんの当時の成績は?

出典:https://www.google.co.jp

真木将樹さんのプロでの成績についてです!

真木将樹さんはプロ入団後はドラフト1位ですから

相当期待されていたと思います!!

やはり期待に応える男真木将樹さんは1年目から

活躍を致します!

1年目成績は24試合に登板し、6勝6敗の

防御率3.89

まずまずの成績ですよね~!!

いきなりプロの世界で活躍するなんてなかなか

できないことですので、6勝もあげるなんて

凄いことですね!!

ちなみにドラフト1位で選ばれて未勝利のまま

引退してしまった選手もいます。。。

11月4日(日)に放送されます、 「消えた天才」に4球団からドラフト1位指名を 受け、メジャーリーグからも獲得を熱望された ...

1年間ローテーションを守ったことが評価され、

新人王候補にも選ばれております!!

2年目はさらなる飛躍の年になればいいと

思ったのですが、野球には2年目のジンクスと

いうものがあり、よい成績や活躍した選手の

翌年にはスランプに陥り、活躍できないという

ジンクスがあります。

真木将樹さんはそれをはねのけて、

大活躍、、、のはすが、、、

登板数は16試合にとどまり、3勝6敗の

防御率6.89

あちゃ~💦

3年目も調子を取り戻せないまま

登板数は15試合で2勝2敗の

防御率3.32

翌年の2001年には巨人へ交換トレードとなり

心機一転活躍を期待しておりましたが、翌年の2002年に

戦力外通告を受け、プロ野球を退団しました。。

2004年には独立リーグのカナディアンベースボールリーグの

カルガリーアウトローズに入団し、野球を

続けるも、同リーグの閉鎖に伴い退団をする。

メジャーリーグでのトライアウトを受けるも契約に

至らず、現役を引退されております。

今年も各チームから戦力外通告を受け、

トライアウトを受ける時期になりましたね!!

プロ野球選手ですが、現在無職の男たちの

必死さや執念、まだ野球人生終わらしたくないと

いう意気込みが感じられるトライアウトも

注目ですね!!

真木将樹さんの年俸はいくら?

真木将樹さんの年俸について!

真木将樹さんの契約金、年俸は

入団当時:契約金1億円、年俸1300万(推定)

2年目:2200万(推定)

3年目:1800万(推定)

という情報がありました!!

やはりドラフト1位で入団は凄いですね~!

出来高もついているかと思いますね~(おそらく5000万)

いきなりこんな大金もらったらどうなるんでしょうね!?

僕だったらプロ野球選手らしい車や時計買ってしまうな~(笑)

練習しろって話ですけどね・・・

今のプロ野球ではたくさん億プレイヤーが

いる中、育成選手として年俸240万とか

で頑張っている選手もいるなんてほんと

上と下の幅が凄い世界ですね~!!

スポンサーリンク

真木将樹さんの現在について

それでは最後に真木将樹さんの現在について

調べてまいります!!

出典:https://www.google.co.jp

野球の世界を引退後、真木将樹さんは

先輩の会社に就職されております。

その会社はプロ野球グッズを企画や計画を

する会社で、2年間お仕事をされました。

その会社では方向性の違いや独立志向も

あったとのことで、独立を決意。

会社名はアルク有限会社

なかなか当初はうまくいかず、貯金を

切り崩す生活もあったとのことですが、

築き上げた人脈を生かし、事業が安定していき、

年商1億円の企業へと成長させております。

野球ならではの汚れたユニフォームを

簡単に落とせる洗剤を開発して、

販売している会社となっております。

また、ドリームネクストというサイトを運営しており、

プロ野球の引退後どのような仕事についているかの

情報を提供したり、第二の人生のサポートも

されております!

最後に

真木将樹さんのことについて調べてみました!

真木将樹さんはドラフト1位でプロ野球の

世界に飛び込み、活躍を期待されながらも、

苦しい思いもし、引退後はビジネスマンとして

仕事をしているのと並行して、

野球人を応援されておりますね!!

プロの世界は本当に厳しく、活躍できるのは

ほんと一握りだけであり、

半分以上が突然クビになり、明日から

何をすればいいのか??ということに

なっている人が多いと思います。

真木将樹さんみたいな活動をして

くれている人がいるということは、

選手達にとっては凄く安心なことですね!!

これからの活躍も期待しております!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする