不破忠幸(ふわただゆき)市議が金銭の授受か?大阪維新どうなる?SNSの反応

大阪維新の会の不破忠幸市議が

公職選挙法違反(買収)の疑いで事情聴取

されていることがわかりました。

維新の会大丈夫か??

色々と問題続きですが、このニュースについて

調べてみます!

スポンサーリンク

大阪維新の会の不破忠幸市議の問題となっているニュース

このニュースについて!

4月7日投開票の大阪市議選で当選した大阪維新の会の不破忠幸市議(53)=同市中央区=が、車上運動員(女性アナウンス係)を手配してもらう報酬として、選挙コンサルタントの男に現金約80万円を支払った疑いが強まり、大阪府警は17日、不破市議から公職選挙法違反(買収)の疑いで事情聴取を始めた。車上運動員に対し、同法で定められた上限以上の日当が違法に支払われていたとされ、府警は近く不破市議を立件する方針を固めた。

「選挙運動は無償」が原則だが、選挙管理委員会に事前に届け出れば、車上運動員や手話通訳者などの専門職には例外的に、1万5000円以内で日当を支払うことができる。経済力によって選挙活動に差が出ないようにするのが目的だ。今回の大阪市議選では1日12人、9日間の選挙期間で延べ60人と上限人数も定められている。

ただ、議員関係者によると、多くの候補者が選挙活動を一斉に始める統一地方選では、こうした専門の運動員の確保は難しい。上限額を上回る分の費用をひそかに支払い、運動員を手配する行為は横行しているという。ある関係者は「候補者の窮状につけこみ、高値をふっかける仲介業者もいる」と明かす。

同様の事件は各地で起きている。2011年4月の岡山市議選で、車上運動員の女性2人に上限を超える日当を支払ったとして、岡山県警はこの市議と妻を逮捕。妻は「人手が足りず、仲介業者の言い値で払わざるを得なかった」などと釈明したという。市議は岡山地裁で懲役1年、執行猶予5年の有罪判決を受け、辞職した。

また高知県では05年の衆院選で、民主党(当時)の五島正規・元衆院議員陣営が車上運動員らに違法な日当を支払ったとして、元政策秘書らが逮捕された。高知地裁で有罪判決が確定し、五島氏は5年間の立候補禁止となった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

SNSの反応について!

SNSの反応はこんな感じ!

まだ書き込みが少ないので、私の感想を。

選挙コンサルタントの会社怪しすぎるだろお。

自分で手配できないもんなのかね?

悪質仲介業者とのことなので、裏のつながりがある。

などの感想ですね。

またコメントがあったらまとめます!

スポンサーリンク

このニュースのまとめ

大阪維新の会で大阪市議である不破忠幸市議が

警察から取り調べを受けているこのニュース。

裏とのつながりややってはいけないことを

平気でやっているところに問題があると思いますね。

悪質です。

どうなる維新。

ってな感じですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする